【サピックス】新6年生2月マンスリー

この記事は約2分で読めます。

どもサピパパです。いやー、まず今日から、子どもの帰ってくる時間が、いつもより30分遅かったです。分かってはいましたが。サピ長女に、大変じゃなかった?と聞いてみましたが、マンスリーの出来のことで頭がいっぱいで、スルーされました。6年生からは塾の終わりの時間が9時になります。まずは、親が慣れていかないといけませんね。

マンスリーの出来について

まだ、答え合わせ、解き直しをやってはいませんが、理科と社会の勉強不足がたたったということは分かりました。

  • 国語は説明文が難しく、そのせいで最後まで解ききれなかったと。
  • 算数はまあまあだった。
  • 理科はいつも通り、最後まで解ききれない。30点台かも。
  • 社会はそこそこできたけれと、平均点も高そうだと本人の申告あり。

出来が悪かった時のサピ長女のパターンで、早速、殊勝に勉強を頑張るそぶりを見せています。はっきり言って、

テストの出来が良くなる→勉強さぼる→テストの出来が悪くなる→勉強頑張る→テストの出来が良くなる(以下略)

のループを繰り返しています。なぜ、テストの出来が良かった時に、もっと貪欲に行かないの!?と思いますが、そこは常に勉強をさぼるサピ長女の性格が邪魔をするわけです。

今更ですが、年表トレーニング帳買いました。今回のマンスリーでは、サピックスの社会テキストでちょっとしか書かれていないようなことまで出たようです。

年表トレーニング帳-歴史 (サピックスメソッド)新品価格
¥1,100から
(2022/2/9 09:01時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました